「すべてはお客さまのために」変わらぬ想いで走り続けた20年間 代表取締役社長 藤裕己

おかげさまで〈伝統にんにく卵黄〉は販売累計1億袋突破しました

“元気を届けたい”その想いを込めて

平素より弊社製品をご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。この度、〈伝統にんにく卵黄〉は販売累計1億袋を突破いたしました。
平成5年、〈伝統にんにく卵黄〉は誕生しました。
「全国のご家族に元気を届けたい」「病気にならない予防医学に貢献できないものか」、その想いから日本有数の長寿の地として知られる南九州の伝統食に着目。そこで江戸時代より伝わる「にんにく卵黄」に出会い、現代のニーズに合う健康食品として甦らせたのが〈伝統にんにく卵黄〉でした。
今では、にんにく卵黄の中だけでなく、にんにく健康食品においても12年連続売上げ日本一(※)を達成するまでに成長しました。
これも皆さまのご愛顧の賜物と心より感謝しております。
(※) 富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧」ニンニク成分配合機能志向食品カテゴリ(2002〜2013年実績)

「利益還元とは何か」を考えさせられました

ある時、お客さまから「広告にお金をかけるより、もっと利益還元を」というお声をいただき、お客さまはご満足されていないと反省し、「製造責任」を徹底することが何よりだと確信しました。
「健康のために口にするものは素材自体が健康でなければならない」という想いで平成15年、九州・宮崎県に自社農場を設け、大量生産では不可能とされてきた「にんにく」の無農薬・無化学肥料での栽培にチャレンジしました。
しかし、想像以上の困難の連続。正直、あきらめかけた時もありました。しかし、「何としてでもお客さまに健康な素材を提供する」という強い想いが、くじけそうになる気持ちを奮い立たせてくれました。
今では、約51ヘクタール(東京ドーム約11個分)の全圃場において有機JASの認定もいただくまでに成長することができました。

不器用でも信頼のおける会社でありたい

私どもが身を置く通信販売業界で、疑問を投げかけたくなるようなニュースが取り上げられるたびに情けない気持ちになります。
私たち健康家族は「誠実さ」、「製造責任」の初心を忘れず、「不器用でも信頼のおける会社」を目指し、コツコツと一歩ずつ取り組んでまいります。
最後に、些細なことでもお気付きの点やご要望がございましたらお申し付けください。お客さまからのお声が私どもの指針となり、喜びでもあります。引き続き健康家族をご愛顧いただけますよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。
〈伝統にんにく卵黄〉1億袋の歩み