メニュー
TOP会社情報社長メッセージ

世界の家族を元気に、そして健康に。

株式会社 健康家族
代表取締役社長藤 朋子

「お客さまの健康づくりに奉仕し、社会のために貢献します」。 これは、私たちが毎日の朝礼で読み上げる社訓の最初に書かれている言葉です。「全国のお客さまに元気をお届けしたい」「どんなお気持ちで毎日お過ごしなのか」など、お客さまとそのご家族の顔を思い浮かべながら、社員一人一人が仕事に取り組んでおります。健康への近道というものはありません。毎日のコツコツとした積み重ねこそが健康を育んでいきます。そのサポートをして、たくさんの〝健康家族〟が広がっていくことが、私たちにできる社会貢献であると考えています。

私共は通信販売会社でありながら、「健康のために口にするものは、素材自体が健康でなければならない」という創業者の教えを守り、「化学農薬、化学肥料を使わないにんにく」を作り続けている、有機農家でもあります。

創業者・本多荘輔は<伝統にんにく卵黄>という商品を追求する中で、健康に絶大な効果があるにんにくに魅了されていきました。「胸を張って安心と言えるにんにく卵黄を作りたい。」その想いから、2003 年 12 月には自社にんにく畑での有機栽培に着手しました。

それから約17年、この畑はいつしか「本多荘輔の情熱にんにく畑」と呼ばれるようになりました。ここで生み出された自社オリジナルブランド「にんにく王Ⓡ」は、私共の「にんにく滋養食品」「情熱畑のおすそわけシリーズ」に使われております。

現在も「本多荘輔の情熱にんにく畑」では、生態系などを壊さない資源循環型有機農業に取り組んでおります。更に SDGsの達成に向け、永続的な環境保全を続けて参ります。お客さまに安心・安全な食品をお届けするため、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らず「自然界の力」を借り、にんにく・生姜・野菜などの栽培を行っています。今では東京ドーム約 11 個分という広大な有機圃場を保有するに至りました。

経営理念は、「お客様第一主義」です。 作る喜び・売る喜び・買う喜びそんな信じ合いの関係をお客さまと築けることが何よりも大切であると考えています。

今や人生100年時代。健康寿命を伸ばすことが、世界中の人々にとって 一番の願いではないでしょうか。それを叶えるためには、健康を意識し始める 40代からの栄養・運動・睡眠がとても大切になります。

「栄養・運動・睡眠」は、元気のトライアングルです。どれかひとつが欠けても健康にはなれません。「世界の家族を元気に、そして健康に」をコンセプトにこれからもさまざまな提案と商品提供を行って参ります。「栄養・運動・睡眠を通して世界の家族に愛と健康を届ける。」この使命と創業者の教えを胸に健康家族は、これからも力強く歩み続けて参ります。

株式会社 健康家族 代表取締役社長 藤 朋子