健康家族のこだわり

責任へのこだわり

健康や食品の疑問には
専門のアドバイザリースタッフがお応えします。

当社の食品保健指導士 写真
当社の食品保健指導士

お客様の健康の基盤にある「食」をお届けしているからこそ、商品への こだわりだけではなく、お客様の健康を多角的に応援していきたいと考 えています。その中の取り組みとして、私たちは「食品保健指導士」「管 理栄養士」の資格取得に努めています。毎日お客様へ、健康や食品 に関する知識をご提供し、社外的にも企業に対して、食品衛生法など 関連法規の把握や厳守を始めとした指導や適正化を図っています。

商品には自信があります。しかし単に商品をお届けするだけではまだまだお客様にお応えすることはで きません。たとえ時代と共に「健康や食」の質が変わったとしても、出来る限りのサポートをしていきたいと 思っています。お客様の健康をお手伝いするパートナーとして、「食」をお届けしている企業の責任として、 お客様へ確かな情報をお届けしていきたい。これが私たちの「責任へのこだわり」です。

食品保健指導士とは

消費者の皆様が、健康食品について正しく理解し利用するために、皆様からのご相談に適切に応じられる 専門家のことをいいます。この資格は栄養士、薬剤師などの資格を持った人や、資格がなくとも3~5年以上、 食品関連業務に従事している人など一定の受講条件を満たした人が、(財)日本健康・栄養食品協会が行う 「食品保健指導士養成講習会」を受講し、認定試験に合格すると食品保健指導士としての資格が認められます。

管理栄養士とは

厚生労働大臣の免許を受け、高度の専門的知識及び技術を要する栄養指導並びに栄養改善上必要な指導等を 行うことを業とする者のことです。
栄養士の免許を持ち、厚生労働省令で定める施設において栄養の指導に従事した後、年1回行われる 管理栄養士国家試験に合格すると管理栄養士としての資格が認められます。